ベージュのフレコンバッグと黒のフレコンバッグの違い

こんにちは。松浦です。

昨日更新を忘れてしまい、すみません!

来週も月曜日がお休みなので火曜日の更新予定です。

 

今日はベージュのフレコンバッグと黒のフレコンバッグの違いについてお伝えします。

道路を車で走っていたり工事現場の前を歩いていると、黒のフレコンバッグを見かけることはありませんか?

ベージュのフレコンしか見たことのない方だと「黒のフレコンなんてあるんだなぁ」なんて思われることもあるかもしれません。

 

基本的に黒のフレコンバッグは屋外に置かれていることが多いです。

室内に置いてあるフレコンバッグを見ることは自社以外だとなかなかないかもしれませんが、

室内に保管するのに黒のフレコンバッグを使う方は…あまりいません。

 

それは、なぜかと言うと…ベージュのフレコンバッグは紫外線、つまり直射日光に弱いという話は過去のブログでお話していると思うんですが

黒のフレコンバッグは紫外線に強い耐候性のフレコンバッグになっているんです。

ベージュのフレコンバッグだと一日2~3時間の作業を三か月続けていると強度が半分ほどになってしまうんですが、

例えば一年耐候のフレコンバッグになると、試験で約一年分に値する紫外線を浴びても問題ないというレベルの耐候性です。

ベージュのフレコンバッグと比べると格段に違ってきますよね。

なので屋外に保管するフレコンバッグだと安全性を考えて黒のフレコンバッグが使われていることが多いんです。

少し価格的には上がってしまいますが、重いものを入れるわけですから、屋外でフレコンバッグを保管するという方には断然オススメです。

弊社にはありませんが、水切りのフレコンバッグで黒色の商品がありますが、屋外に置かれているのは基本的には黒のフレコンバッグになりますね。

 

もっと詳しいことが知りたい!という方は下記までお問い合わせください。

 

お電話でのお問い合わせ:072-812-3600
メールでのお問い合わせはこちらから:http://e-boueki.com/contact/
担当者:松浦