フレコンバッグの歴史について

おはようございます。松浦です!
もうすぐGWですね~
どこか行かれる方は多いんでしょうか。
私は1日だけ東京に遊びに行きますが基本的に人が多いの嫌なので
前半は実家で引きこもる予定をしています!!!
実家でワンコと戯れます!!!

さて、今回はフレコンバッグの歴史について書きたいと思います。

私、実はというとフレコンバッグの歴史についてあまり知らなかったのですが
ネットなどで調べてみたところ・・・

始まりは今から60年ほど前に作られた商品で、最初は塩化ビニールの材質のもののみだったようです。
ランニングのフレコンだけだったみたいですね。

うちでも取り扱っているようなPPの材質のフレコンは1960年代後半から1970年代初め頃に
生地を作る技術開発が開発され使われるようになったようです。

今となっては産廃やお米などなどいろいろなものに使われているフレコンですが
当初はセメント輸送でメインに使われていたようですね。

もっとフレコンにバッグについての歴史を知りたいんですが
情報が出ていないのが現状ですね。。。

知っている方、こっそり教えてください!!!(笑)